素晴らしい!イタリアの子供の歯医者さん

Published by Cocci Cocci on

虫歯がある?!?!?!

日本では1歳半検診の時に、歯の検診があると思いますが、イタリアではありません。気をつけている家庭はもしかしたら積極的に検診に行っているのかもしれませんが、イタリアでは歯の治療に保険が効かず高額になるため、周りでも歯の検診に行っているという話を聞いたことがありませんでした。もちろん我が家ももうすぐ五歳の娘一度も経験なく。

ところが、突然「歯が痛い・・ 😥 」と言いだしました。

ジェラートやチョコレートが大好きな子、歯を磨いているといえど虫歯がない方が不思議だったので納得。

口の中をのぞいて、見てみると奥歯に黒い点のようなものが、、、

急いで調べて小児歯科を探し、予約。

優しい女性の先生が、診察。

3つの虫歯!!!

やっぱり〜?!そして診察後、まず治療にかかる費用の見積もりをしてくれます。

そう、高額になるためまず患者に治療代を示したあと、OKなら晴れて治療が始まるのです。

診察&見積もりまでは無料なので、この時点で他の歯医者さんに変えることもできます。

うちは3つの虫歯で250ユーロ(3万3千円)

3回の治療で完治します。

日本だと、処置時間がすごく短く、なんだかんだで一つの歯を治療するだけでもすごく時間がかかる印象ですが(もう20年以上前の経験ですが)

イタリア式、1つの虫歯が一回の治療で終わるというのは子供の負担も少ないのでは?と思いました。

初めての治療

まずは子供自身が痛いと感じている、大きめの虫歯の治療。

まず、先生が一つ一つの器具の名前と使い方を説明。

「ここからは水が出てくるのよ〜(実際手の甲に噴射)

これは口の中を乾かすのよ〜

この小さな丸い鏡可愛いでしょ〜

これで歯を削るのよ〜(音を聞かせる)、

歯を削ったらこの王冠をかぶせて、マニキュアを歯の上に塗って、プリンセスみたいでしょ〜?!、

最後にピンクの歯磨き粉で綺麗に磨くから、ブルーじゃなくてピンクね!」などなど。

治療の間にも、「プリンセス、勇気あるプリンセス、美しいプリンセス」の連呼。母が側で恥ずかしくなるくらい、でもこれこそがイタリア(笑)

一時間の治療に耐えました、娘ブラーバ!!!

本人も大変満足した様子👇

お土産に歯磨き粉のプレゼント。

3回目(最終回)の治療が終了

3個の虫歯は3回の治療で本当に完治。

最終日は、娘は寂しいとまで言っていました。

頑張ったねの賞状ももらいました。

そこには「プリンセスサフィア、今日治療が全部終わったよ、今年一番の素晴らしい患者さんだったよ!」と書いてあります。優しいですね〜

イタリアに来た頃は、歯医者は高い、日本に帰って治療した方が絶対いい、などと聞いていましたが、こんな素敵な先生に出会えて幸運でした。そして治療もすぐ終わる、私としてはイタリアの歯医者悪くない!という印象です。

でももう治療はしたくない、頑張って一緒に綺麗な歯を保とう。

お金のためにも!と私は心に誓いました。

とにかく娘はよく頑張りました 🙂 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA