イタリア版お盆

Published by Cocci Cocci on

イタリア版お盆

8月15日は、イタリア版お盆「フェラゴスト(Ferragosto)」の祝日です。

聖母マリアが現世での生を終え天に召されたことを記念する日

クリスマス(Natale)イースター(Pasqua)と並ぶ、キリスト国であるからこその3大国民的祝祭日の一つです。

街中は日本のお盆のように帰省している人も多く、お店もしまっているため街中は静まり返っています。

Ferragostoの過ごし方

私の住むマントヴァでは、コテキーノを食べる伝統があります。コテキーノとは、見た目は太いソーセージ。豚のすべての部分、肉、脂肪、皮を混ぜて細かく刻み、塩、コショウ、ナツメグ、シナモン、クローブをはじめとした香辛料をたっぷり入れ、赤ワインなどを混ぜ、皮に詰めたもの。食感は少しドロドロネチャネチャした感じ。

付け合わせの、グリンピースやインゲン豆、バターたっぷりのポテトピューレと一緒に食べます。

とってもボリューミーで暑い夏にぴったり?! 🙄  の食材です(笑)

マントヴァのこの文化、元を辿れば1400年頃。ゴンザーガ家が統治していた時代に始まったようです。ながーい歴史を受け継いでいたんですね〜

コテキーノ

マントヴァの見逃せない行事

もう一つ、マントヴァのFerragostoに欠かせない行事、1425年から始まる「Fiera delle Grazie(グラッツェ教会のお祭り)」です。15日のFerragostoを含む14〜18日の間に開催され、10万人近くが集まるお祭りです。

もちろんそのお祭りでもコテキーノのパニーノが食べれます。

メインのイベントは、世界各地から集まった200人以上のMadonnariと呼ばれるアーティスト達による絵画。グラッツェ教会の前の広場に、14日から15日の日の出の間に、決められた限られたスペースにチョークで絵を描くのです。宗教画が多いですが、作品は自由です。

Madonnariとは、道に絵画をかくアーティスト達、宗教画が多いことからMadonnaの名前をとって呼ばれるようです。イタリアの中心地でよく見かけます。

14日の夜に訪れましたが、製作中の作品を見にくる人が列をなし、アーティスト達は地面に座り込んで制作に没頭。チョークで地面にどうやってこんな素晴らしい絵が描けるのか・・

日本人の女性も一人いらっしゃいました。この田舎町で日本人を見ることはとっても稀なので、3歳の娘と「こんばんわ〜」と話しかけてしまいました。

チョークとは思えない作品
頑張れ日本人!

また完成作品を見に行きたいな〜と思っています。

日本のお祭りのように、数百の屋台と移動式遊園地もあります。そして、至る所でキャラクターの風船が売られているのが、危険です。「欲しい欲しい」攻撃にあってしまいます 😯  目を背けるのに必死な私。

そしてこのお祭り、私たちの関心ごとはもう一つ!湖沿いに馬とポニーがきてるのです。娘はポニーに乗るのが目的です。

まとめ

マントヴァのFerragostoは他の地域と少し色が違います。

コテキーノもグラッツェ教会のお祭りも1400年のゴンザーガ家の影響が多い歴史のある1日です。