コロナ後初!イタリアも学校再開!

Published by Cocci Cocci on

イタリアでは、保育園・幼稚園、小学校、中学、高校と全てが3月にコロナの影響で閉鎖となり、そのまま夏休みに突入しました。そして、9月から新学期がスタートします。(今考えると始まることも奇跡 😥 )

イタリア国内では、大体の州で9月14日から、南部のプーリア州、カラブリア州は9月24日からと州ごとに開始が異なります。

そこで、今日は新学期に欠かせないグッズを紹介します。

1、筆箱(ASTUCCIO)

イタリアではこんな感じで、三つジッパーが付いていて、それぞれの部分にGIOTTOのペン、色鉛筆、ハサミ、定規、ボールペン、鉛筆、消しゴム、鉛筆削りがセットされています。(私の子供の幼稚園ではこちらが指定)

子供に人気のスパイダーマン、ユベントス、アナ雪、LOL、様々なキャラクターものも売っています。値段は15€〜25€。

キャラクターのないシンプルなものもあります。

GIOTTOのペンはイタリアでは欠かせません。(次のブログで説明します「GIOTTOの素晴らしさ」)この筆箱には最初からこのGIOTTOのペン18色がセットされているのでなんとなくお得感があります。

 

2、リュックサック

ランドセルという文化はないので、好きなものを選んでOK。ここもまた、キャクター戦争!そしてリュックサックでなく旅行鞄の様なコロ付きのものもあります。教科書など重たいですもんね。。

イタリアは中学生になるまでは送り迎えが必須です。校門の前で親御さんは待機しています、そうすると重たい荷物は親が代わりに持ってくれる。そして車迎えの人も多い、、、だったら….コロ付きは大げさのような気もしますね 🙄 

そう考えると日本の小学生はえらいですよね。ランドセルを持って毎日歩いて登校する!本当にえらい!

3、A4サイズのノート

全科目共通でこのサイズのノート 🙄 

教科ごとにとないので面倒ではないですね。

私の小学生時代は、ムツゴロウさんノート、ジャポニカノート、教科ごとに新しいものを揃えるときのワクワク感。絵柄も可愛くて好きだったな〜

4、ダイアリー

日記帳、連絡帳として使うようで、学校指定のものはなくこれもまた個人で購入します。ここでもキャラクター戦争です。

5、通園・通学エプロン

服が汚れないように割烹着みたいな感じのエプロンが必須です。私の近所では、園児はピンクや水色、白、小学校は黒(なんだかハリーポッター見たい 💡 )と決まっています。 最近では通学通園に必須でないところも多いようです。

まとめ

コロナ後、半年ぶりとなる学校再開。そこには多くの制限も設けられていますが、親御さんたちはようやく始まった〜という解放感!すぐに閉鎖しないで〜という声もよく聞きます。子供たちは友達と会えて嬉しいですね。

近くのスーパーでは学校開始に向けたこんな特番広告も!外国の広告見るのって楽しいですよね、ご覧になってみてください。
https://www.kimbino.it/il-gigante/ritorno-a-scuola-da-lunedi-10-08-2020


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA