ワークショップ開催しました!

Published by Cocci Cocci on

徳山駅前図書館にてワークショップを開催

先日、428日に学生時代を過ごした地元でもある、山口県の周南市徳山駅前図書館様と共同開催でワークショップを開催致しました!募集告知のPDFはこちら

共同開催ということもあり、担当者の方とは年明けから数カ月間、イタリアと日本で何度も連絡を取り合い準備をしてまいりました。

そして、当日は午前に15組、午後に15組の参加枠でしたが、兄弟連れのお客様も多数いらっしゃり会場は想像以上にたっくさんの人であふれ、賑やかに楽しくイベントを実施することができました。

「前売り券全部売り切れましたね!」という連絡、嬉しくて今でも忘れられません。

開催場所は、2018年にオープンしたCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)の運営する徳山駅前図書館3階。

駅直結(駅ナカ)という最高のロケーション、さらに光がふんだんに入る三面がガラス張りになっているイベントスペースでの開催でした。1階にはスターバックスと蔦屋書店、2階には子供用の図書館や遊びスペースもあり、私が学生の頃使っていた駅とは様変わり!そんな素敵な場所での開催でした。

イベントの流れ

1、クイズ大会

小学生のお子様が多かったので、イタリアの小学校と日本の小学校の違いを紹介しました。内容がきちんと理解できるように、それぞれの子が考えられるようにと、クイズ形式でそれぞれの違いを紹介!

例えば、

(問題)

「日本の小学校にある2時間目と3時間目の長い休み時間、イタリアにも同様の時間がありますが、イタリアでは何をする時間でしょうか?」

(回答)

1、キリスト教の国なのでお祈り時間

2、おやつ休憩

3、国技サッカーを全員でする時間

こんな感じのクイズを5問!お母様、お父様も一緒になって考えてくださり、子供達も興味津々に聞いて・笑って・「イタリアの方がいい〜!」というような声も聞こえたり、とても盛り上がりました。5問出しましたが全員正解した人は意外に数人、イタリアと日本でやはりとても違い想定外なことが多いんですね。

ちなみに上の回答は2。おやつタイム(笑)

2、イタリア語と日本語で絵本の読み聞かせ

独特の絵が素敵なイタリアの絵本作家、ベアトリーチェ・アレマーニャの「こどもってね・・・」という本を紹介。このイベントの前にたくさんのイタリア絵本作家を調べましたが、ネズミの絵で有名なレオ・レオーニ、芸術絵本が多いブルーノ・ムラーニ、他にもシルヴィア・ロンカーリ、ロベルト・ピウミーニ、ジャンニ・ロダーニ、日本に紹介されているイタリア作家がたくさん!今後は絵本関連の仕事の発掘もしてみたいなぁと勉強になりました。

イベント内では、ドキドキしながらも私がイタリア語、図書館の方が日本語で本を紹介。子供達はとても集中して聞いてくれました。イタリア語がわからなくても、イタリア語に触れる・聞くこと自体が新鮮な体験だったと保護者の方にも言われ、ドキドキが嬉しさと喜びに変わりました。

3、おもちゃを選んで工作開始(1時間半)

そして本番!

今回は、ジープ、フェラーリ、飛行機、メリーゴーランド、ドリームハウスの5つの商品から好きなものを選んでいただきました。ピース数や難易度も記載していたので、とっても悩んでいた子、一番難しいのに挑戦する!という子供達の様子をみるだけでも微笑ましかったです。

集まってくれたお子様は4歳~小学6年生まで、保護者の方がいるといえど、どの子も自分の力で頑張ろうとしている姿が印象的でした。

部品を先に綺麗に塗ってから組み立てるという女の子、ゴミを綺麗に片付けながら組み立ててる子、いろんな個性も見ることができました。

1時間半の間に全員完成!みんな頑張りました!

4、王冠をつけて「ハイチーズ」

集中して頑張ったんだろうなと思える、みんなの嬉しそうな、誇らしげな、やり遂げたた感のある表情で、「こんなのできた!」「色塗った!」と持ってきてくれる子供達の姿に感動しました。

そんな頑張った子達に、女の子はBRAVA(最後がA)男の子にはBRAVO(最後がO)の字のついた王冠をプレゼント♪

5、おまけに

一緒にいらした小さな兄弟や遊びに来たお子様向けにも、次期販売予定のブロックおもちゃMATTOを用意しておりました。イタリアのガルダ湖の泥など天然成分100%で作られたレンガです。なんと、一つ一つのブロックが手作りされているのです。こちらも人気でこんな素敵な作品を作ってくれた子もいました。

保護者の方からの感想                                                                                      

・とても集中して作れたようで、満足しているようです。工作など好きなどで、こういう企画はまた参加したいです。

・明るい雰囲気でとても楽しかったです。

・内容盛りだくさんでとっても楽しかったです。

・イタリアのことを知ることが出来て良かったです。制作物も子供が興味を持って取り組めて良かったです。

・子供が楽しめる工作系のイベントがなかなかないが、チラシを見つけてすぐに申し込みました。前日から楽しみにしており、子供も集中して楽しめました。

・子供が楽しく制作できたので良かった。ハサミやのりを使わずにパズルの様に作れるので安心した。小さな子も作れるのが良かった。

・イタリアの文化に触れて楽しく工作することができました。クイズも楽しかったです。

・子供と一緒に作り上げる、その一体感が親としても楽しめました。子供も達成感を得られた様で、良いイベントだと思います。

・異文化に触れながら楽しい時間を過ごせました。TODOも作りやすく面白かったです。

・とても満足度の高いイベントでした。息子も終始笑顔で達成感も得れたと追います。

まとめ

平成から令和に切り替わりというタイミングで長かったゴールデンウィーク、”親子で一緒に楽しんでもらいたい”というイベント大成功?!となりました。

図書館の皆様にも多大なるご協力をいただきました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

CocciCocciでは今後もこのようなイベントを行なっていきたいと思っています。イベント開催してほしいという要望も受け付けておりますので気軽にご相談ください。